ここから本文です

【ヴィクトリアマイル】スマートレイアー、充実7歳馬が4度目の正直だ!

スポーツ報知 5/10(水) 6:04配信

◆第12回ヴィクトリアマイル・G1(芝1600メートル、14日・東京競馬場)

 春の古馬女王決定戦のヴィクトリアマイル・G1(14日、東京)に、スマートレイアーの7歳馬が参戦する。このレース4年連続の挑戦で、近走は牡馬相手に好走を続けている。4歳馬を下して、昨年に続く7歳馬Vを飾るか。

 栗東・CWコースでの1週前追い切りだった。武豊が騎乗した7歳馬のスマートレイアーはクィーンズベスト(4歳1000万)を4馬身追走すると、直線で芦毛の馬体を躍動させながら、一気に抜き去った。6ハロン81秒4―11秒8の好時計で4馬身先着した。

 武豊騎手「調教はすごく動くけど、今回もいい動き。状態はいいと思います。東京の1600メートル、牝馬(限定戦)は一番の狙い目と思う。今度こそですね」

 このレースには4年連続の挑戦。昨年の4着が最高着順だったが、7歳の今が充実期といえる。昨年末に初の海外遠征で、府中牝馬S(3着)から距離を600メートルも延ばした香港ヴァーズ(芝2400メートル)で5着に入り、前走の京都記念で2着。走り慣れていない中長距離戦で、強力牡馬を相手に善戦を続けた。

 加藤助手(以下「加」)「前へ行ったり、競馬に自在性が出てきました。それに無理使いをせず、数を使っていないことも大きいと思います。7歳だが、衰えなどは感じません」

 今回が25戦目と7歳馬にしては少なく、特に夏場に長く休養を取った5、6歳時はともに5戦しか走っていない。大事に育てられたことが、晩年になって実を結びつつある。

 加「以前は東京への輸送で20キロほど減ってましたが、今は現地でカイバを食べるから、それほど減りません。いい仕上がりで臨めます」

 悲願のタイトル取りへ機は熟した。(山本 武志)

 ◆昨年のヴィクトリアマイル 18頭立てで1番人気はミッキークイーン。前半4ハロン45秒7のハイペースのなか、直線で脚を伸ばしたのが7歳馬のストレイトガール。ラスト300メートルで抜け出すと、ミッキークイーンやショウナンパンドラなどのG1馬を突き放し、2馬身半差の完勝。勝ち時計の1分31秒5は11年アパパネの1分31秒9より0秒4速いレースレコードだった。

最終更新:5/10(水) 6:05

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ