ここから本文です

【阪神】6連勝で首位キープ!3戦連続完封のG菅野も倒した

スポーツ報知 5/9(火) 21:06配信

◆巨人2―4阪神(9日・東京ドーム)

 前カードの広島戦で9点差をひっくり返すなど勢いに乗る阪神が、3戦連続完封勝利中の菅野を打ち崩して6連勝とし、セ20勝1番乗り、首位を守った。

 東京ドームでも猛虎の勢いは止まらなかった。ゼロ行進を続けていた菅野を止めたのは超人のバットだった。先頭・高山のボテボテの打球が三塁手のマギーの頭上を越えるラッキーな二塁打。北條が送って1死三塁とすると、糸井が内角のスライダーを捉えて、右前に先制タイムリー。さらに2死一、三塁から鳥谷が左前タイムリーを放ち初回に2点を先制した。

 阪神はさらに1点差に止め寄られた3回に福留が4号2ランで再びリードを広げた。先発の秋山は巨人打線相手に7回6安打2失点にまとめ、マテオ、ドリスとつないで逃げ切った。

 巨人戦先発での白星はルーキーイヤー以来7年ぶりとなった秋山は「めちゃくちゃ緊張していた。対菅野さんというより、自分ができることを必死にやった」とこの日の登板を振り返った。そして先制の援護点について「序盤から点を取っていただいたので、緊張したが打線の勢いに乗って攻めていくことができた」と好調の打撃陣に感謝した。

 金本監督は「秋山の気持ちが前面に出ていたし、野手も絶対に秋山に勝たせようというチームの思いがあり、秋山が応えてくれた」と話していた。そして「今日の勝ちは、秋山にも大きいし、チームにとっても大きい」とコメントしていた。

最終更新:5/9(火) 21:29

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 13:05