ここから本文です

DeNA・ドラ1浜口 プロ最短4回6失点KO「一から頑張りたい」

デイリースポーツ 5/9(火) 22:23配信

 「中日8-3DeNA」(9日、長良川球場)

 プロの厳しさを思い知った。DeNAのドラフト1位・浜口遥大投手(神奈川大)が先発したが、プロ最短の4回で降板し、自己ワーストの6失点を喫した。

 二回まで無安打3奪三振と上々の立ち上がりだったが、落とし穴は三回だった。ビシエドに右越えの2ランを浴びるなどで5失点。

ラミレス監督は「三回だけで5失点したのは大きかった」と苦い顔だった。

 プロ初勝利を挙げた中日と2度目の対決で辛酸をなめた新人左腕。「チェンジアップが乱れ、ストレートが甘くなり、全てにおいてコントロールができなかったです。早いイニングでの降板となり申し訳ないです」と悔しそうな表情を浮かべて猛省した。

 ここまで2勝をマークしていた浜口が、プロで初めて連敗を喫し、その悔しさも味わった。「しっかり練習してまた一から頑張りたい」と必死に前を向いた。悔しさは、バネにする。そして次回登板では必ず、チームの勝利に貢献する構えだ。

最終更新:5/9(火) 22:28

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 9:00