ここから本文です

【楽天】茂木、早くも昨季に並ぶ7号 飛距離アップの取り組みが成果

スポーツ報知 5/10(水) 6:32配信

◆楽天4―6ロッテ(9日・コボパーク宮城)

 楽天の茂木栄五郎内野手(23)が9日、ロッテ戦(コボパーク)で右越え7号ソロを放ち、早くも昨年の本数に並んだ。昨季はランニング本塁打も2本あったが、今季は全てサク越えと、取り組んできた長打力アップが数字として表れてきている。

 高めの直球を豪快に振り抜いた。打った瞬間、確信を持って走り始める。7回1死走者なし。ロッテ2番手・酒居の143キロを右中間スタンドに叩き込んだ。4回2死満塁では二ゴロに倒れていただけに「前の打席は頭の整理ができていなかった。強いスイングをしようと思って、いい結果につながった」と振り返った。

 キャンプから取り組んだ飛距離アップ。ミートを意識したスイングでも、外野の頭を越えればという思いからだった。「今はフルスイングより、8割ぐらいで確率よく芯でとらえられるようにしている。その中でもホームランが出るようになってきた」と思惑通りの成果にうなずいた。

 それでも、試合後には「とらえた感じはよかったけど、映像を見たらバットが外から出ていた。明日から心配」と研究に余念がなかった。梨田監督は「15本ぐらいいって欲しい」と控えめに要望したが、茂木は飽くなき向上心で、予測を上回る数字を残していく。(山口 泰史)

最終更新:5/10(水) 13:30

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 9:25