ここから本文です

バド桃田、JOC幹部に謝罪していた…15日に出場停止処分解除 

スポーツ報知 5/10(水) 6:06配信

 日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事(64)が9日、違法賭博行為により出場停止処分中の桃田賢斗(22)=NTT東日本=が日本オリンピック委員会(JOC)幹部に謝罪していたことを明かした。4月上旬に橋本聖子強化本部長と、同20日前後には竹田恒和会長、平岡英介専務理事と面談。桃田は謝罪を行い「熊本地震復興イベントなどを通して、原点である忘れていたものを思い出しました」と話したという。

 処分は15日に解除され、日本ランキングサーキット(27日開幕・さいたま市)で復帰する見込み。世界ランクは消滅しており、自費参加で格の低い大会に出場してポイントを稼ぐことになる。規定上は代表に即時復帰できる可能性もあるが、銭谷専務理事は「ありえない」と否定的な考えを示した。

最終更新:5/10(水) 6:06

スポーツ報知