ここから本文です

実写『東京喰種』第3弾キャスト発表 「あんていく」メンバーに村井國夫、佐々木希ら

5/9(火) 18:00配信

オリコン

 俳優の窪田正孝主演で石田スイ氏の人気漫画を実写化する映画『東京喰種 トーキョーグール』(7月29日公開)の第3弾キャストが9日、発表された。窪田演じる主人公行きつけの喫茶店「あんていく」に集うメンバーとして、村井國夫、桜田ひより、相田翔子、浜野謙太、佐々木希、栁俊太郎が出演する。

【劇中写真】店員姿の佐々木希らソロカット

 作品の舞台は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京。窪田演じる、内気で平凡な大学生だった金木研(カネキ)は、ある事件がきっかけで半喰種となり、もがき苦しむ中、喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索していく。

 喰種として生きる運命を背負い、人間の世界になじもうと努力する女子高生・霧嶋董香(トーカ)を清水富美加が演じ、喰種対策法を背景に活動する国の行政機関であるCCG(Commission of Counter Ghoul)本局所属の一等捜査官・亜門鋼太朗に鈴木伸之、表向きは理知的で清楚な女性だが貪欲な大喰いの喰種である神代利世(リゼ)に蒼井優、CCG本局所属のベテラン喰種捜査官・真戸呉緒に大泉洋が扮する。

 新たに出演が発表されたのは、一見普通の喫茶店となんら変わらないが、実は喰種が集まる店「あんていく」のメンバー。店員も喰種のこの店は、喰種にとって情報交換の場であり、一時の心安らげる場所。半喰種になって苦悩するカネキは、店長の芳村功善に導かれ、トーカもアルバイトをするこの店で働き始めることに。カネキが想いを寄せるリゼとの出会いも、この「あんていく」となる。

 芳村役の村井は「喰種は、人肉を食う事でしか生きられぬ種族。不快感を持つ人もいるだろう。しかし、底に流れるのは、愛なのです。自分の正義の為、種族への愛のために闘うのです。その愛の深さに感動することは、間違いありません」とコメント。

 店員・古間円児役の浜野は「こんなイカした作品に参加できてすごくうれしいです。キャストのみんな、和気あいあいとして現場が楽しかったんですが、やるところまでやるアクション然り、エグい部分然り、出来上がりがマジで楽しみです」と期待。同じく店員・入見カヤ役の佐々木は、原作ファンだったことを明かし、「それぞれの複雑な思いが詰まっているとても考えさせられる作品だと思いますので、映画の完成が待ち遠しいです!」と話している。

 そのほか、カネキのお目付け役であり、自ら食料調達ができない喰種のために食料提供をする四方蓮示を柳、あることをきっかけにカネキを慕うようになる笛口雛実を桜田、雛実の母・リョーコを相田が演じる。

最終更新:5/15(月) 22:19
オリコン