ここから本文です

2ショット撮影会、ハグ、曲名しりとり…郷ひろみファンイベント全貌をテレビ初公開

オリコン 5/10(水) 6:00配信

 歌手・郷ひろみ(61)が10日放送の日本テレビ系バラエティ番組『1周回って知らない話』(毎週水曜 後7:00)に出演。合計8000人が集合するファンイベントの全貌をテレビ初公開。一人ひとりと行うツーショット撮影会、『ひろみ曲名しりとり』や、「ハグ」、ファン垂涎のプレゼントが贈られるビンゴなど神対応の数々に潜入したパンサー・向井慧と辻岡義堂アナウンサーは思わず目を疑う。

【写真】郷ひろみ、若さの秘訣も公開

 東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務め、テレビで当たり前として扱われているが、“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査する同番組。芸能生活45年、現在61歳の郷は数々のヒット曲やキレッキレのダンスなど、ご年配の方々にとっては“永遠のアイドル”でも、今どきの視聴者にそのイメージを聞くと、「ジャパーン」と叫んでいる“パリピなおじさま”にしか見えていないことが判明。

 そこで、数々の秘蔵映像を交えながらデビューから現在までの活躍を紹介するとともに、ブレイクまっただ中でのニューヨーク渡米や、アイドルらしからぬバラエティー番組出演、長期のアメリカ修行など、彼の掟破りな行動にスポットを当てる。それはすべて郷が抱えていた“不安”からの決断だったことが明らかに…。また芸名が別の“英語の名前”になりかけていたというエピソードでは、東野も思わず「よかったですねー!!」と安堵する。

 また、週3日のトレーニングやお酒を辞めたという郷の若さの秘訣を探るべく本人に密着。私服・私物・控室での過ごし方やLINEも使いこなす郷流のこだわりを聞いたゲストの藤田ニコルは「めっちゃカワイイ! 乙女ですね」と絶賛。イベント会場ではファンのきわどい質問にも答えるほか、最後は「いつ引退するの?」という直球な疑問に「大きなお世話」と言いつつ、現在の心境を率直に語る。

最終更新:5/10(水) 6:00

オリコン