ここから本文です

地域復興へ連携 川俣町と近畿大が包括協定締結へ

5/9(火) 10:22配信

福島民報

 福島県川俣町と近畿大(大阪府東大阪市)は16日、町の復興に向けた包括連携協定を締結する。地域社会の発展、教育・研究の振興、人材育成などの分野で連携を強化する。
 近畿大は東日本大震災後、全学規模で町の復興を応援する「オール近大川俣町復興支援プロジェクト」を立ち上げ、化学繊維のポリエステル媒地を使った農作物の試験栽培、小中学生への個人積算線量計の配布などに取り組んできた。東京電力福島第一原発事故に伴う山木屋地区の避難指示が3月末に解除されたのを受けて新たに協定を結び、町のさらなる発展を目指す。
 町から近畿大への復興支援アドバイザー委嘱も継続する。

福島民報社

最終更新:5/9(火) 10:46
福島民報