ここから本文です

ケイティ・ペリー「新作は楽しくてダンスの要素があって、ダークで明るい」

BARKS 5/9(火) 15:24配信

ケイティ・ペリーが、『Entertainment Weekly』のインタビューで、4年ぶりとなる新作について語った。

◆ケイティ・ペリー画像

40曲ほど作った中から15曲に絞ったと言い、アルバムのタイトルやトラッキングリストは明かさなかったが、すでにリリースした「Chained To The Rhythm」「Bon Appetit」のほかに、昨年の米大統領選の結果にインスパイアされた「Bigger Than Me」、楽しいダンス・ソング「Swish Swish」があると話した。

「(ニュー・アルバムは)すごく勇敢よ。サウンド的には、楽しくてダンスの要素があって、ダークで明るい」と言い、自身の中で起きた変化が反映されているそうだ。

「20代を過ぎ30代に入り、私は受け入れ、降参したわ。家族や恋愛の問題も修復した」「全てがビューティフルって感じよ。私はケイティ・ペリーを創り上げ、彼女は本当に楽しかった。いまも私はケイティ・ペリーで、彼女を愛しているけれど、根底では、私はキャサリン・ハドソン(本名)なのよ。本当の自分を受け入れることで、それが明らかになったんだと思う」

ケイティの新作は、2013年秋に発表された『Prism』以来となる。リリース日はまだ発表されていない。

Ako Suzuki

最終更新:5/9(火) 15:24

BARKS