ここから本文です

五郎丸選手を関の観光大使に 署名4700人

岐阜新聞Web 5/9(火) 8:47配信

 岐阜県関青年会議所(JC)の鈴木恵介理事長らが8日、関市役所を訪れ、ラグビーの五郎丸歩選手に市の観光大使に就任してもらうことを求める署名約4700人分を尾関健治市長に提出した。
 関商工高校ラグビー部が毎年のように全国大会に出場、2019年のワールドカップ(W杯)キャンプ地誘致を図るなど、関市はラグビー熱が高い。五郎丸選手は一昨年のW杯で活躍。関善光寺に「五郎丸仏」と呼ばれる仏像があることでも知られる。同JCは市のPRにうってつけと考え、署名を集めた。
 4月から商業施設などで集め、約2カ月を経た時点で提出した。鈴木理事長は「関市の魅力の一つ、ラグビーをもっと盛り上げたい」と語り、尾関市長も「これだけ大勢に書いてもらい、市としてもありがたい」と喜んだ。
 同JCは1万人を目指し署名集めを続ける。また市も、五郎丸選手側に大使就任を要望するとしている。

岐阜新聞社

最終更新:5/9(火) 11:27

岐阜新聞Web