ここから本文です

リトアニア外相、千畝氏たたえる 記念館を見学

岐阜新聞Web 5/9(火) 8:51配信

 岐阜県加茂郡八百津町出身の元外交官、杉原千畝(ちうね)氏による「命のビザ」の発給の舞台になったリトアニアのリナス・リンケビチュウス外相が8日、同町の杉原千畝記念館を初訪問した。
 エギディユス・メイルーナス駐日大使らと館内を見学。国枝大索館長が手渡した「命のビザ」のレプリカには、リトアニア出国までの間に同国が発給した一時滞在ビザのページもあり、興味深そうに見入った。
 見学後、「杉原氏が岐阜や八百津の英雄であることが分かった。カウナス出身の私たちにとっても英雄だ」と功績をたたえた。
 続いて県庁を訪れ、古田肇知事に「9月初めにカウナスで開かれる文化イベント『杉原ウイーク』にぜひ来てほしい」と呼び掛けたほか、福山通運(広島県)の社長のリトアニア名誉領事就任を受けて「県からも選出を」と求め、古田知事が同席した金子政則八百津町長を推す一幕もあった。
 同外相は6日に来日。東京五輪のリトアニアホストタウンの愛知県豊橋市訪問などに続いて来岐した。

岐阜新聞社

最終更新:5/9(火) 11:29

岐阜新聞Web