ここから本文です

「子どもの声耳障り」逮捕の男供述 瑞浪の刺殺

岐阜新聞Web 5/9(火) 13:54配信

 岐阜県瑞浪市陶町大川の自宅の庭でバーベキューをしていた大脇正人さん(32)が、近くに住む無職の男(26)に刺殺された事件で、男が「子どもたちの声が耳に障った」という趣旨の供述をしていることが9日、捜査関係者への取材で分かった。
 多治見署や周辺住民らによると、大脇さんは、コーチを務める少年野球の祝勝会で、家族や知人ら十数人でバーべーキューをしていたところ、男が「うるさい」などと言って刃物を持って現れたという。大脇さんらは「子どもがいるから、庭の外に出て話し合おう」などと男に提案し、路上に出たが、もみ合いになって大脇さんが刺されたらしい。
 住民らによると、男はこれまでにも近所の生活音や遊んでいる子どもに、「うるさい」と怒鳴ることがあったという。
 男は7日午後6時半ごろ、大脇さんの自宅前の路上で包丁のような刃物で大脇さんを刺し、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。多治見署は9日、司法解剖して死因を調べるとともに、容疑を殺人に切り替えて男を岐阜地検多治見支部へ送検した。

岐阜新聞社

最終更新:5/9(火) 14:12

岐阜新聞Web