ここから本文です

秋田県はハタハタしか獲れない?/秋田

5/9(火) 9:31配信

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビ

Q.秋田県の魚といえば?
A.大学生「ハタハタですかね。男鹿(おが)にいっぱい来ると聞きました。」
Q.ハタハタ以外に思いつくのは?
A.大学生「…あまり聞かないです。」
Q.なぜほかの魚が獲れない?
A.大学生「外に出たがらないのでは?人も魚も。」

秋田の魚といえばハタハタという印象が強く、皆さんはハタハタしか獲れないと思っているようです。なぜこんな現象が起きているのか、秋田大学教育文化学部の石井照久教授に伺いました。

「(秋田県はハタハタしか獲れないイメージについて)PRが足りない。秋田県は県の魚を決めるときにハタハタにしたが、ハタハタ1種類ではなく何種類か指定しても良かったのではないか。そうすれば、他県にハタハタ以外のイメージを持ってもらうことができる。」

「山梨で見つかったクニマスや、タイ、私が秋田に来て初めて食べて感動した北限のトラフグを県の魚に指定して追加すべきだ。」

「実は色々な魚が豊富なので、秋田の人は冬場に毎日のようにハタハタを食べることは少なくなってきている気がする。」(秋田大学教育文化学部 石井照久教授)

CNA秋田ケーブルテレビ