ここから本文です

観光で慣れない道、お気を付けて

ミニ事件簿 5/9(火) 15:55配信

 先日、由布市挾間町の国道210号で、乗用車の追突事故が発生した。追突した車を運転していたのは20代の男性。福岡県から観光で訪れ、慣れない道のため、地図を片手に運転していたという。追突された市内の40代男性は足に軽傷を負った。大分南署によると、同市内では今年1~3月に人身事故が22件発生し、このうち6件は県外者が引き起こしている。署員は「楽しいはずの観光が事故によって気まずい思い出にならないよう、十分注意してほしい」と呼び掛けていた。

大分合同新聞社

最終更新:5/9(火) 15:55

ミニ事件簿