ここから本文です

軟式野球:国体京都府予選でSECが優勝

両丹日日新聞 5/9(火) 8:00配信

 京都府軟式野球連盟主催の第72回国民体育大会府予選の準決勝、決勝戦が6、7両日、福知山市和久市町の福知山球場であった。地元のSECカーボンが優勝し、近畿予選への出場権を得た。

 府連盟が指定する強化チームのSEC、佐川印刷、スーパードラゴンズと、予選を勝ち上がった支部代表のアイアイベースボールクラブが出場。

 準決勝は、ドラゴンズがアイアイベースボールクラブを5-3で、SECが佐川印刷を7-0で破り、それぞれ決勝に駒を進めた。

 決勝のドラゴンズ-SECは、1回裏にSECが幸先良く1点を先制。続く2回には、7番坂田の左越え2点本塁打で追加点をあげた。その後も4回、7回と1点ずつを加えた。先発した山内投手は5回を無失点に抑えて芦田裕投手につないだ。6回に1点を失ったが、5-1でSECが勝利した。

 糸井基博監督は「今大会は打撃が好調でしたが、ミスもあったので今後の課題として調整したい。必ず近畿で勝ち、国体での優勝をめざして頑張りたい」と話している。

 近畿予選大会は、8月19、20両日に、兵庫県尼崎市の市記念公園ベイコム野球場で開かれる。そこで上位に入ると、10月に愛媛県である国体に出場できる。

両丹日日新聞社

最終更新:5/9(火) 8:00

両丹日日新聞