ここから本文です

西日本の太平洋側 激しい雨・落雷・突風に注意

5/9(火) 5:27配信

ウェザーマップ

 きょう9日は西から雨の範囲が広がり、西日本の太平洋側を中心に局地的に激しく降る所がある見込み。九州では非常に激しい雨の降るおそれがあり、落雷や突風にも注意が必要となる。

 あす10日にかけて、低気圧と前線が日本付近を進み、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む見込み。きょう午前中から、西日本は雨の降る所が多く、夕方以降は東日本にも雨の範囲が広がる。九州では昼頃から非常に激しい雨の降るおそれがあり、四国や近畿南部でも夜から局地的に激しい雨が降る予想。落雷や突風、土砂災害などに注意が必要だ。一方、北日本では強い風は収まり、穏やかに晴れる見込み。東日本と北日本は、空気の乾燥した状態が続くため、引き続き火の取り扱いに注意が必要となる。

■関東から西 暑さ和らぐ

 きのう8日は、関東から西の各地で今年一番の暑さを更新したが、きょうは暑さは和らぐ見込み。日中の気温は、関東から西ではきのうより低く、25℃を下回る所が多い予想。北日本はきのうより少し高い所が多く、15℃~20℃くらいとなり、朝と日中との気温差が大きくなるため、寒暖差に注意が必要だ。

Yahoo!ニュースからのお知らせ