ここから本文です

高知の橋りょう技術がパキスタンに

テレビ高知 5/9(火) 19:51配信

テレビ高知

高知の建設会社が開発した橋りょうの技術が南アジアのパキスタンに輸出されることになりました。すでに現地では作業が始まっています。

施工するのは高知市の建設会社高知丸高です。高知丸高は大手ゼネコンからパキスタンの山岳の道路建設を委託され、去年12月から工事を始めています。今回、パネルを組み立てた上で、その後鋼の管を打ち込む高知丸高の工法が、パキスタンの急傾斜で足場のない山岳地帯での道路建設に生かされることになりました。
(高知丸高 高野広茂代表取締役会長) 
「まぁこれからが勝負どころ、約2年間やっていかないといけない、大変です。」

今週末にはパキスタンで使われる橋りょうの一部分などを乗せた第1便が出港し、1ヵ月後現地に到着する予定です。高知丸高は先月、水上でも使用できるゴミなどの収集艇を開発し、カンボジアに輸出しています。

最終更新:5/9(火) 19:51

テレビ高知