ここから本文です

BMW、M3/M4をモデルチェンジ…サーキット走行もこなすハイスペックモデルも設定

オートックワン 5/9(火) 13:18配信

ビー・エム・ダブリューは、M3/M4を一新し、5月9日より販売を開始する。また、新型モデルの発表にあわせ、M3コンペティション/M4コンペティションをラインアップに追加する。

【画像】BMW 新型M4の写真を見る

価格(消費税込)は、M3が1185万円~1256万円、M4が1157万円~1279万円となる。

M3は、サーキットでの最高の運動性能と日常走行における高い実用性を併せ持ち、1986年の初代モデルの登場以来、長年にわたり高性能スポーツカーセグメントのベンチマークの地位を確立してきたモデルである。現在、5代目M3が販売されているが、その前世代M3クーペの後継モデルとしてM4が販売されている。

今回のモデルチェンジでは、フロントデザインにおいてデイタイムランニングライト機能付きの新世代ヘキサゴナルデザインのアダプティブLEDヘッドライトを、リアデザインにおいてはLEDテールライト(※)、ブラックカラーの19インチアロイホイールを採用することで、より精悍で存在感のあるデザインとした。※M4のみ(M3はすでに採用済み)

さらに室内は、上質な音色を奏でるharman/kardonサラウンドサウンドシステムに加え、カーボンファイバートリムを標準装備した。

BMWの高性能モデルであるM3/M4の圧倒的なパフォーマンスを更に向上させると同時に、サーキット走行における卓越したダイナミズムを提供するのが、M3コンペティション/M4コンペティションである。

自然吸気エンジンのような官能的な吹け上がりと、ターボテクノロジーによる圧倒的なパワーを併せ持つ3リッター直列6気筒Mツインパワーターボエンジンの最高出力を、標準モデルより19psアップの450psまで高めることにより、0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)4.0秒の圧倒的な動力性能を実現した。

エンジンパフォーマンスの向上に対応し、ダンパーおよびスタビライザーの特性を専用に変更したアダプティブMサスペンションを設定、また、電子制御式多板クラッチによりパワーを左右リアホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルやDSCにも専用のチューニングを施し、トラクション性能をさらに向上させている。

さらに、専用Mスポーツエキゾーストシステムが、聴覚に訴えかけるパワフルかつ官能的なエンジンサウンドを奏でる。

デザイン面では、軽量構造の20インチ鍛造Mライトアロイホイールスタースポークスタイリング666M、ハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル、ブラッククローム仕上げのデュアルエキゾーストテールパイプといった専用エクステリア装備の数々が、コンペティション・モデルとしての圧倒的な存在感を主張する。室内空間においては、激しいスポーツ走行においても身体をしっかりと支える軽量構造の専用Mスポーツシートに加え、Mストライプが施された専用シートベルトがスポーティかつ特別感を演出している。

最終更新:5/9(火) 13:18

オートックワン