ここから本文です

イエメンでコレラ発生、内戦で保健衛生システムは崩壊

ロイター 5/9(火) 15:59配信

 内戦が続くイエメンでコレラが発生し、今週だけで既に25人が死亡した。2年に及ぶ内戦の影響で、同国の保健衛生システムは崩壊している。
 世界保健機関(WHO)によれば、コレラは人糞などで汚染された食べ物や水から感染し、4月以降イエメンでは1360件が報告されている。点滴や抗生物質が投与されない重症患者は、数時間以内に死亡するケースもあるという。
 清掃員のストで道路にはゴミの山が出現。病院では、医薬品の在庫が底をつき、給与遅配でスタッフは交通費にも困る有様だ。首都サナアの病院では、女性や子供が通路に敷かれたマットレスに座って、苦痛に耐えている。

(イエメン、サナア、5月9日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

最終更新:5/9(火) 15:59

ロイター