ここから本文です

「我々は世界で最も金をかけているが……」 プレミア勢とレアルの“実力差“にネビル氏も落胆

5/9(火) 11:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

全く歯が立たないレベル?

プレミアリーグは世界で最も競争力の高いリーグと言われ、優勝争いやトップ4争いは毎シーズン特別な盛り上がりを見せる。しかし、そうした盛り上がりに反してプレミアリーグのクラブはチャンピオンズリーグで結果を出すことができていない。今季もレスター・シティがベスト8に残るサプライズを見せたくらいで、今のプレミアリーグにチャンピオンズリーグを制する力を持つチームはいないだろう。

ネイマールVSロナウジーニョ!

英『METRO』によると、かつてエヴァートンなどでプレイしたフィル・ネビル氏も昨季の欧州王者レアル・マドリードとの差を痛感しているようだ。同氏はレアルとアトレティコ・マドリードが激突したチャンピオンズリーグ準決勝1stレグの戦いを現地で見たようだが、プレミアリーグのクラブでは敵わないと感じたことを明かしている。

「私はベルナベウでのアトレティコ戦でレアルのプレイのレベルを見たが、プレミアリーグのクラブではあそこに近づけるとは思わなかったね。今季チャンピオンズリーグのベスト4にプレミア勢が入っていないことは驚きではないよ。レアルを見て思ったよ。プレミアリーグの選手は何人レアルのチームに入れるのだろうかと。私の考えではたぶん1人だけ。GKのデ・ヘアならケイロル・ナバスがトップとは思わない。だが、それを除くと他の選手は入れないように見える。我々は世界で最も金を使っているし、ベストなスタジアムや設備もある。しかしレベルを上げ続ける必要があるんだ」

同氏が名前を挙げたマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアはレアルが獲得を狙っていると言われている選手で、非常に現実的なチョイスだ。プレミアリーグの選手でレアルのスタメンに割って入れる選手は多くないだろう。金をかけてもレベルには差があるようで、プレミアリーグが再び欧州の頂点に立つためには何かを変えていく必要がある。

http://www.theworldmagazine.jp/