ここから本文です

イケメン選手が活躍! 佳境を迎えるBリーグの見どころは?

5/9(火) 20:00配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組、5月9日(火)の放送では“しーんぱーいないさー♪”でおなじみのお笑い芸人、大西ライオンさんが登場。プロバスケットボールリーグB.LEAGUE(Bリーグ)について教えてもらいました。

前回、お悩み相談コーナー「ひとつのアンサー」に出演したときは体調不良で声もボロボロだった大西ライオンさん。お決まりのあのフレーズもどこかイマイチで……。

この日はそのリベンジを! と意気込んでいましたが、「わりと風邪気味なんですよ……GW結構働いたんで。いろんな地方で裸になってますから」と告白。とはいえ、“しーんぱーいないさー♪”と美声を轟かせ、さらには声の出演のみにも関わらず上半身裸のフルコスチュームで登場するところはさすがプロ。

そんな大西ライオンさんが語るのは、自身も大好きだというバスケットボールの日本最高峰、Bリーグについて。
これは簡単に言えばサッカーJリーグのバスケ版。B1、B2、B3の3つのリーグがあり、B1とB2は各18チーム。1シーズンで1チーム計60試合も行うそうです。

2016年秋に開幕し、記念すべき初年度となる今シーズンは現在まさに佳境で、上位8チームが雌雄を決するB.LEAGUE CHAMPIONSHIPがいよいよ5月13日より開幕。5月27日にファイナルを迎えます。

今季のBリーグを振り返り、大西ライオンさん的に印象に残っているのはブザービーター。これは試合終了を知らせるブザーとともにシュートが決まって大逆転! というドラマチックな展開のことで、今季はそれが何度も見られたとか。
また、試合以外にもハーフタイムにはショーが行なわれたり、子どもたちがコート上でフリースロー勝負をしたり、なおかつそれをマスコットたちが盛り上げたりといろいろな仕掛けで飽きさせないのもBリーグの魅力と大西ライオンさん。

さらには、「チアリーダーがハーフタイムショーの後にはちょっとセクシーになって肩を出しがち」とか「一列目で見ている女性ファンは一眼レフで撮影しがち」といったBリーグあるあるを披露。
特に会場の一列目は選手たちとの距離が近く迫力満点で、客席は常に盛り上がって一体感もハンパじゃないと大西ライオンさんが力説すると、たかみなも「一列目に陣取りたい!」と興味を惹かれたようでした。

初代王者が決まるB.LEAGUE CHAMPIONSHIPがもうすぐ始まりますが、現在のBリーグのトップチームはレギュラーシーズンでもずば抜けた強さを見せた第一シードの川崎ブレイブサンダース。しかし、大西ライオンさんのイチオシは千葉ジェッツです。

その理由としては、「唯一僕を芸人としてYouTubeの配信に呼んでくれたから」と笑って答える大西ライオンさんでしたが、もちろんそれだけではなく「魅せるバスケをしてくれるんですよ! プレイは派手、ダンクもしますし、遠いところから3ポイント(シュート)を決めてくれますし、アリウープもやってくれる」と大絶賛。

そして、Bリーグのイチオシ選手としてはバスケの本場NBAでも活躍した栃木ブレックスの田臥勇太選手の名を挙げる大西ライオンさんでしたが、「知ってます!」とたかみな。
続いて、千葉ジェッツの富樫勇樹選手を紹介しますが、これまたたかみなからは「知ってます!」との声が……。

「他のイケメン選手も……」とせがむたかみなに大西ライオンさんが選ぶ3人の注目選手をピックアップ。まずはとってもさわやか、サンロッカーズ渋谷でもキャプテンをつとめる伊藤駿(いとう たかし)選手。
続いてはいまや日本のエースとして活躍するシーホース三河の比江島慎(ひえじま まこと)選手。
そして、最後はまだ二十歳と若いながらも琉球ゴールデンキングスを牽引するホープ、津山尚大(つやま しょうた)選手。

他にも注目の選手はたくさんいるとたかみなの心をくすぐる大西ライオンさんでしたが、最後にはB.LEAGUE CHAMPIONSHIPの展望も。Bリーグの初代王者となるのでどこのチームも優勝を狙っていると言いつつ、特に前述の田臥勇太選手の思いはひとしおなのではと語る大西ライオンさん。

そんな田臥選手率いる栃木ブレックスがセミファイナルで対戦するのが千葉ジェッツと。いきなり大注目の一戦が行なわれるとあって「これはめちゃくちゃアツい! 誰が王者になるかはホンマにわからないです!」と今から大興奮の大西ライオンさんでした。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年5月9日放送より)

最終更新:5/9(火) 20:00
TOKYO FM+