ここから本文です

【MLB】田中将大、今季最多112球熱投で5連勝 7回10安打4失点も大量援護で白星

5/9(火) 11:39配信

Full-Count

好調チームは6連勝で地区首位を堅守

 5連勝を狙うヤンキース田中将大投手が8日(日本時間9日)、敵地レッズ戦に先発し、7回を投げて1被弾を含む10安打1四球6奪三振4失点(自責3)だった。今季初の交流戦での先発で、今季最多112球の力投。打線の援護にも恵まれ、5連勝で5勝目(1敗)を飾った。防御率は4.36。チームは10-4で6連勝を飾った。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 メジャー移籍後初対戦となるレッズ戦で先発した田中は、敵地スタンドでメジャー最多安打王ピート・ローズが見守る中、レッズ打線を攻めた。初回に打線が相手失策をきっかけに3点先制に成功。その裏、田中は先頭ハミルトンからの3連打で1点を失うが、後続を打ち取って最少失点で切り抜ける。

 4回に味方失策と2連打で無死満塁の大ピンチを迎えたが、ここでペラザを二飛、続くバーンハートを遊ゴロ併殺に打ち取って無失点でピンチ脱出。田中はマウンドを下りながら2度雄叫びを上げた。

 この日は味方打線が援護を続けた。2回と5回に1点ずつを加えて4点リードに広げると、その裏に2死一塁から、ボットの打球を守備シフトで二遊間に位置していた三塁ヘッドリーが失策。2死一、三塁とすると、続くデュバルに左前適時打を浴び、2点目を失った。

 打線は7回にも3死球などに絡めて2点を追加。5点リードの7回裏、2死一塁としたところで、ボットに初球スプリットを右中間席に10号2ランを浴び、3点差に迫られた。田中は7回を投げ終えて今季最多112球(77ストライク)で降板した。

 今季初めて立った打席は、送りバント、空振り三振、見逃し三振で2打数無安打。メジャー2度目の快音は響かなかった。

 試合は打線が爆発し、8回にも3点を加えて10-4と大勝し、6連勝を飾った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/9(火) 12:19
Full-Count