ここから本文です

『ルーム』のレニー・アブラハムソン監督の次回作が決定

ぴあ映画生活 5/9(火) 19:00配信

『ルーム』でオスカーにノミネートされたレニー・アブラハムソン監督の次回作が、『The Little Stranger』に決まった。同名小説の映画化で、舞台は第二次大戦後のイギリス。

かつて母が住み込みの看護婦として勤めていた家を訪ねた男性に、家の持ち主は、この家が幽霊に取り憑かれていると語る。彼が、その家に住む女性のひとりと結婚しようとすると、さまざまな悪いことが起こり始める。

主人公の男性をドーナル・グリーソン、彼が思いを寄せるその家の女性をルース・ウィルソンが演じる。脚色は、『リリーのすべて』のルシンダ・コクソン。

グリーソンの次回作は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。ウィルソンの次回作は、イギリス映画『Dark River』。

文:猿渡由紀

最終更新:5/9(火) 19:00

ぴあ映画生活