ここから本文です

東北・北海道・秋田新幹線の車内に荷物置き場設置へ 手荷物大型化に対応

5/9(火) 15:32配信

乗りものニュース

E5系、H5系、E6系の車内に

 JR東日本とJR北海道は2017年5月9日(火)、東北・北海道新幹線や秋田新幹線の車両に荷物置き場を設けると発表しました。

【写真】北陸新幹線E7系に設けられている荷物置き場

 訪日外国人旅行者の増加にともない大きい手荷物が増えていることなどが設置の理由といいます。東北・北海道新幹線の「はやぶさ」などに使われるE5系とH5系は、2、4、6、8号車(普通車)の東京寄りと9号車(グリーン車)のデッキスペースに、秋田新幹線「こまち」などに使われるE6系は、13、15、17号車(普通車)の東京寄りと11号車(グリーン車)のデッキスペースに、荷物置き場がそれぞれ設置されます。

 E5系とH5系は7月から2018年2月ごろまでに、E6系は同年2月ごろから8月ごろまでに順次導入される予定です。なお、荷物置き場の設置に際し、対象車両では一部座席が撤去されます。

乗りものニュース編集部