ここから本文です

岩手・釜石の山林火災 消化活動続く

AbemaTIMES 5/9(火) 15:26配信

 5月8日正午過ぎ、宮城県栗原市の山林で火災が発生した。消防でポンプ車15台を出して消火にあたっているが、強風に煽られ住宅にも燃え移った。栗原市は周辺地域に避難指示を出した。消防によると、8日午後6時時点でけが人の情報はないという。

 一方、岩手県釜石市でも、船で沖に出ていた人から「山から火が出ている」と119番通報があった。風が強いため、ヘリコプターでの消火は難しく、地上で消火活動が行われた。午後1時前に自衛隊への災害派遣要請があり、特別警戒本部を設置し、情報収集にあたっている。また、釜石市のおよそ300人に避難指示が出された。釜石市の5月8日の最大瞬間風速は25.9mで、前日の午前から乾燥注意報と強風注意報が出されていた。

 9日朝、消火活動が再開され、空中からの散水を中心に消化活動が行われている。住宅へ延焼するおそれもあり、消防が延焼を止める活動を続けている。(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:5/9(火) 15:26

AbemaTIMES