ここから本文です

ブラジル経済 17年は0.2%成長=IMF予想

サンパウロ新聞 5/9(火) 2:00配信

 国際通貨基金(IMF)が4月18日に公表した最新の予想では、ブラジルは2017年に景気後退(リセッション)から脱してプラス0.2%の経済成長を遂げ、18年にはそのペースを加速させてプラス1.7%成長する。同日付で伝えた伯メディアによるとIMFは、ブラジルの状況の改善は「政治的不確実性の縮小、通貨政策の緩和、そして改革プログラムの進捗」の結果だと指摘している。

 その一方でIMFは、16年末の時点では「投資及び国内総生産(GDP)は最も低い水準に到達していなかった」、いくつかの州においては「財政危機は依然として深刻化している」と警告する。

 IMFはブラジルのインフレ率について、17年は4.4%、18年は4.3%と予想する。また失業率については、17年は12.1%まで上昇し、18年は11.6%に下がるとみている。

サンパウロ新聞

最終更新:5/9(火) 2:00

サンパウロ新聞