ここから本文です

サーブ直撃寸前のハプニング、キリオスは笑顔で謝罪<男子テニス>

tennis365.net 5/9(火) 20:44配信

ムチュア・マドリッド・オープン

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は8日、シングルス1回戦が行われ、第16シードのN・キリオス(オーストラリア)が試合前のウォーミングアップで放ったサービスが世界ランク64位のM・バグダティス(キプロス)に直撃寸前となるハプニングが起こった。

【錦織らマドリッドOP対戦表】

これに対し、バグダティスは冗談めかしながら反発。キリオスも笑顔で謝る素振りを見せ、会場を沸かせた。

試合は、1度もブレークポイントを与えなかったキリオスが7-6 (7-1), 6-4のストレートで勝利し、3年連続の初戦突破を果たした。

2回戦では、B・トミック(オーストラリア)とR・ハリソン(アメリカ)の勝者と対戦する。順当に勝ち進んだ場合、3回戦では第4シードのR・ナダル(スペイン)と顔を合わせる組み合わせ。

22歳のキリオスは、ムチュア・マドリッド・オープンに3年連続の出場。昨年は準々決勝で錦織圭に7-6 (8-6), 6-7 (1-7), 3-6の逆転で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

4月のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)、前週のエストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、クレー、ATP250)を欠場していたため、今大会が今季初のクレー大会となる。

tennis365.net

最終更新:5/9(火) 20:44

tennis365.net