ここから本文です

J1浦和・森脇、不適切発言で処分「心より反省」 差別的発言は否定

5/9(火) 23:25配信

埼玉新聞

 Jリーグから2試合の出場停止処分決定を受けた森脇が同日夜、大原サッカー場で取材に応じ、「僕の発言は不適切だったと思っています。僕やレッズを応援してくれる方、サッカーが好きで他のチームを応援してくれる方、鹿島アントラーズの皆さん、小笠原選手、レオシルバ選手に不快な思いをさせてしまったことを心より反省しています。申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 鹿島の選手に対して、不適切な発言があったことを認め、謝罪した森脇だが差別的な発言については「うそをついてきた人生ではない。(4日の)試合後に言った言葉に全くもってうそはない」と、改めて否定した。

 2試合の出場停止という処分の重さに関しては「自分で解釈する前に、自分自身が起こした行動を改めて考えないといけない。自分の未熟な言動が、多くの方に悲しい思いをさせた。処分(の重さ)は関係ない」と神妙な面持ち。今後へは「同じようなことがあったら、どうしようもない人間。あのような行動を(二度と)取らないと心に誓う」と話した。

最終更新:5/9(火) 23:25
埼玉新聞