ここから本文です

プレミア最下位クラブで奮闘中の若き守護神 ついにマージーサイドの名門が15億円オファー

5/9(火) 15:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

去就が注目されている

今季のプレミアリーグ35試合消化時点で、最下位に低迷しているサンダーランド。既に2部降格が決定しており、主力選手の流出が懸念されるなか、かねてより移籍の噂が浮上していたある選手にオファーが舞い込んだようだ。

エヴァートンが同クラブGKジョーダン・ピックフォードの獲得にむけて1000万ポンド(約14~15億円)の入札額を提示したと、英『THE Sun』が伝えている。しかし、サンダーランドが同選手の移籍に際して2000万ポンド(約29~30億円)を要求しており、交渉が難航しているという見方が同紙で報じられている。

安定感溢れるシュートストップのみならず、正確なパントキックで攻撃の起点としても機能するピックフォード。先月はライプツィヒへの移籍の噂が同紙で報じられたが、どのクラブが同選手を射止めるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/