ここから本文です

あおぞら銀行本店が異例の大学構内へ、家賃収入は奨学金に活用

5/9(火) 15:38配信

AbemaTIMES

 旧日債銀、あおぞら銀行の新しい本店が上智大学の構内にオープンした。大学内に銀行の本店が入るのは異例だ。

 あおぞら銀行は5月8日から、新しい本社と本店を東京・四谷にある上智大学の6号館にオープンした。本社からは大学のキャンパスを行き交う学生の姿を見ることができる。1階が資産運用などを相談する店舗で、7階から16階に本社が入る。あおぞら銀行・馬場信輔社長は「我々もなんとなく生き生きとした若々しさをもらえますので、大変いいなと思います」とコメントした。

 今後は銀行員が大学生にビジネス講義をするほか、就職相談やインターンシップなども積極的に受け入れるという。

 上智大学によると、あおぞら銀行からのテナント収入は「海外からの留学生や遠方出身の学生への支援を目的とした奨学金」として活用するという。(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:5/9(火) 15:38
AbemaTIMES