ここから本文です

吉田麻也とファン・ダイクのペアは“プレミア屈指の存在“になれるか 指揮官は主将の残留に期待

5/9(火) 19:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

成長した吉田なら……

サウサンプトンはこれまで複数の有力選手を他クラブに奪われてきており、現在もDFフィルジル・ファン・ダイクがターゲットになっている。ファン・ダイクはプレミアリーグ最高のDFと評価されているほどの選手で、チェルシーやリヴァプールが狙っていると噂されている。サウサンプトンが守り抜くのは難しいかもしれない。

吉田麻也も”サウサンプトンの顔”になってきた

しかし、指揮官のクロード・ピュエルは来季もファン・ダイクが残留してくれるはずと期待をかけている。英『Independent』によると、ピュエルは改めてファン・ダイクが重要な存在であることをアピールしており、来季も一緒に戦う考えのようだ。

「現在彼は普通にトレーニングできる状態にあり、来季への準備をしている。我々とね。彼は我々の主将で、重要な存在だ。彼には信頼性、リーダーシップがあって、ファンタスティックな選手なんだ。彼には長期契約があるし、ディレクターも彼を残留させたがっているよ」

ファン・ダイクとしてはチャンピオンズリーグでプレイしてみたい気持ちもあるだろうが、日本のサッカーファンとしては来季にもう1度成長した日本代表DF吉田麻也とファン・ダイクのペアを見てみたいとの気持ちもあるはず。ピュエルもフォンテの退団、ファン・ダイクの離脱した穴を吉田とジャック・スティーブンスが埋めていると高く評価しており、吉田は今季大きく成長した。仮に来季ファン・ダイクと吉田のペアが実現すれば、プレミアリーグでもかなり完成度の高い最終ラインとなるかもしれない。

また、サウサンプトンはFWでもチャーリー・オースティンが長期離脱している。今冬にはマノロ・ガッビアディーニも加わっているため、得点力さえプラスできれば来季のサウサンプトンはなかなかに興味深いチームとなるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/