ここから本文です

今のユーヴェより強い? トレセゲ氏が明かす最強チーム「ネドベド、カンナバーロ、テュラム……」

5/9(火) 20:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

カペッロ時代のチームを誇る

9日にチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ・モナコ戦をおこなうユヴェントスは、今季非常に安定している。1stレグも2-0で勝利しており、これまで通りの戦いを見せれば問題なく決勝に進めるだろう。ゴンサロ・イグアイン、パウロ・ディバラ、ジャンルイジ・ブッフォンとタレントも揃っており、優勝だって狙える強さだ。

”圧倒的な攻撃センス”誇るD・アウベスに「バルサが手放したのは間違い」

そんな中、クラブOBのダビド・トレセゲ氏が自身のいた2004-05シーズンのユヴェントスを振り返っている。現在のチームも豪華だが、トレセゲ氏は仏『L'Equipe』にファビオ・カペッロの率いていた当時のチームを最強と考えていることを明かしており、同氏の口からはサッカー界のレジェンドと呼ぶべき選手の名前ばかりが出てきている。

「デル・ピエロは長年クラブの象徴だったし、若い頃のブッフォンも見ているが彼は今レジェンドだ。カモラネージとは本当に親しかったし、モンテーロとユリアーノは私がクラブに馴染むために接してくれた特別な存在だ。私が思うベストチームはカペッロの率いたチームだ。アメイジングだったよ。ネドベド、イブラヒモビッチ、カンナバーロ、エメルソン、テュラムが入って、チャンピオンズリーグでも勝算があったよ」

カペッロ氏の率いたチームはカルチョ・スキャンダルで取り消されてしまったが、セリエAを連覇している。デル・ピエロはもちろん、ジャンルカ・ザンブロッタのような名手もいた。2004-05シーズンはチャンピオンズリーグでリヴァプールに敗れて優勝こそならなかったが、強さは本物だ。現在のユヴェントスはチャンピオンズリーグ制覇に近づいているが、マッシミリアーノ・アッレグリのチームは当時を超えているか。

http://www.theworldmagazine.jp/