ここから本文です

“ひとり2連覇”目前のカンテ、まずは個人で2冠 記者が選ぶ年間最優秀選手賞を獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 5/9(火) 23:40配信

チームとしても2冠の可能性残す

8日、イングランド・プロサッカー記者協会(FWA)が年間最優秀選手賞の受賞者を発表し、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが選出された。

カンテは先月23日にイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が発表した年間最優秀選手賞にも輝いており、個人としては2冠目となった。この2つの賞に輝いた選手は史上18人目で、今回は2位エデン・アザールと3位デル・アリを差し置いての受賞だ。

カンテはクラブ公式サイトで「この受賞は嬉しいよ。チェルシーのみならず、プレミアリーグの名選手たちが手にしてきた賞だからね。キャリアの中でも誇らしい瞬間だ」と喜びを表現している。

カンテはレスターの一部のファンから「地表の表面の7割は水が覆っているが、残りの3割はカンテがカバーしている」と讃えられるなど、その走力で圧倒的な存在感を示していた。しかし走力だけに限らず、ボール奪取能力やパサーとしてもチームを支えている。チーム自体も2シーズンぶりのリーグ優勝が目前であり、FA杯も決勝に進んでいる。個人で2冠獲得のカンテは、チームの2冠獲得にも貢献できるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5/9(火) 23:40

theWORLD(ザ・ワールド)