ここから本文です

無届けさい帯血投与で緊急命令

ホウドウキョク 5/9(火) 8:58配信

他人の「へその緒」に含まれる臍帯血(さいたいけつ)を違法に投与していた、愛媛・松山市の医療法人に対し、厚生労働省が、この医療行為をやめるよう、緊急命令を出したことがわかった。
厚労省によると、松山市の「大手町クリニック」は、他人の「へその緒」に含まれる臍帯血を、患者に投与する再生医療を行っていた。
こうした医療は、国への届け出が求められているが、このクリニックは無届けだったということで、警察が家宅捜索を行っていた。
厚労省は8日、立ち入り検査を行い、この医療行為の一時停止を命令する行政処分を行った。
クリニックの院長が書いたとみられるブログでは、臍帯血の投与を認めていて、「法律に規定される『細胞加工物』にあたらず、届け出なくても問題ないと思っていた」としている。

テレビ愛媛/FNN

最終更新:5/9(火) 8:58

ホウドウキョク