ここから本文です

無届けでさい帯血投与 被害調査へ

ホウドウキョク 5/9(火) 15:19配信

愛媛・松山市のクリニックが、他人の「へその緒」に含まれる臍帯血(さいたいけつ)を、「アンチエイジング」などを目的に、無届けで投与していた問題で、厚生労働省は、健康被害の有無について調査するよう命令した。
塩崎厚労相は「過去に健康被害が発生していなかったかどうか。調査報告を命じている」と述べた。
松山市の「大手町クリニック」では、他人の「へその緒」に含まれる臍帯血を、アンチエイジング目的で患者に投与する再生医療を、国に届け出ずに行っていたとして、警察の家宅捜索を受けていた。
厚労省は8日、立ち入り検査を行い、この医療行為の一時停止を命令する行政処分を行ったが、塩崎厚労相は9日朝の会見で、健康被害の有無などを調査するようクリニックに命じたことを明らかにした。

最終更新:5/9(火) 15:19

ホウドウキョク