ここから本文です

マクロン氏、トランプ大統領と電話会談

ホウドウキョク 5/9(火) 16:49配信

フランスの次の大統領に決まったマクロン氏は、勝利宣言から一夜明け、早速、アメリカのトランプ大統領と電話で会談した。
トランプ大統領は電話で、マクロン次期大統領に祝意を伝えたうえで、25日にベルギーで行われるNATO(北大西洋条約機構)の首脳会議にあわせて、直接会談をすることを確認した。
また、アメリカメディアによると、マクロン氏はトランプ大統領に対して、地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」を支持する立場を表明したという。
アメリカは、世界第2位の温室効果ガス排出国だが、トランプ大統領は、「経済の足かせになる」として、パリ協定からの離脱を公約としている。
マクロン氏は、協定支持を表明することによって、アメリカの離脱をけん制する狙いがあったとみられる。

最終更新:5/9(火) 16:49

ホウドウキョク