ここから本文です

弾道ミサイル情報 文言を一部変更

ホウドウキョク 5/9(火) 17:44配信

北朝鮮による弾道ミサイルの発射情報などを国民に知らせる「Jアラート(全国瞬時警報システム)」について、政府は、メッセージの一部を変更することを決めた。
政府は、迅速な避難を呼びかけるため、ミサイル発射直後の「Jアラート」の第1報にあった、「続報が入り次第お知らせします」との文言は不要と判断し、削除する。
さらに、ミサイルが、日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合、避難を呼びかける場所を、これまでの「屋内」という言葉が子どもなどに聞き取りづらいため、「頑丈な建物や地下」にあらためる。
政府は、早ければ9日にも、新たなメッセージの運用を開始することにしている。

最終更新:5/9(火) 17:44

ホウドウキョク