ここから本文です

WHO総会に「台湾の参加認めるべき」

ホウドウキョク 5/9(火) 20:26配信

台湾のWHO(世界保健機関)総会への参加を認めるべきだとの考えを示した。
菅官房長官は「何らかの形で、台湾がWHO総会に参加することが、まさに、公衆衛生危機対応の強化ということも考えて、そこは望ましいというふうに思っている」と述べた。
菅官房長官は9日、スイス・ジュネーブで5月に開かれるWHOの年次総会に、台湾が参加することが望ましいとの認識を示した。
台湾は、2009年からオブザーバーとして参加しているが、中国の外交圧力を背景に、今回の総会への招待状が届いておらず、参加が困難となっている。
菅長官は「世界的な公衆衛生危機対応の強化は不可欠だ。国際保健課題への対応に、地理的な空白を生じさせないためにも、何らかの形で参加することが望ましい」と述べた。

最終更新:5/9(火) 20:26

ホウドウキョク