ここから本文です

2017年の新入社員「自分ファースト」型

ホウドウキョク 5/9(火) 22:16配信

2017年の新入社員は「自分ファースト」型。
2017年度の新入社員およそ1,300人に対して、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが行った調査によると、企業に望むことは、「残業がない・休日が増える」が「給料が増える」を上回るなど、一定時間は仕事から離れ、休みを取りたいと考える「自分ファースト」志向が高まっているという。
また、理想の上司を動物に例えると、親しみやすさと辛抱強さを兼ね備えた「イヌ」が1番人気で、威厳のある「ライオン」が2番だった。
一方、日本の現状を「曇り」と考える人が最も多く、漠然とした不安感を抱きながら働き始めた新入社員が多いとみられる。

最終更新:5/9(火) 22:16

ホウドウキョク