ここから本文です

青葉市子、【創業350周年 ヤヱガキ酒造 presents『音うらら』】で日本酒に合う音楽を届ける

5/9(火) 15:00配信

Billboard Japan

 兵庫県姫路市の酒蔵「ヤヱガキ酒造」が創業350周年の記念すべき年に姫路から飛び出して各地を巡るイベント【創業350周年 ヤヱガキ酒造 presents『音うらら』】。Vol.1のPredawn@広島に続き、Vol.2の公演が気鋭の音楽家・青葉市子を迎えて神戸と香川で開催された。

青葉市子【音うらら】ライブ写真(全7枚)

 『音うらら』を主催するヤヱガキ酒造の清酒「八重垣」は、はじめて和合結婚(恋愛結婚)をしたと言われるスサノオノミコトが、その結婚の喜びを表した歌をルーツとする"人と人を結ぶ縁の酒"であるという。そして、同イベントでは日本酒と音楽、またその場にいる人々を結ぶ"縁"の時間を届ける。

 4月28日、神戸公演の会場となったのは、神戸御影の1600坪もの広大な敷地に佇むザ・ガーデン・プレイス 蘇州園。戦前に旧財閥の別邸として建てられた純和風建築の邸宅で、その瀟洒で格式高い空間での青葉市子によるライブを待ちきれないとばかりに、開場時間前に多くの来場者が詰めかけた。そんな来場者の期待が最高潮に達した20時、いよいよライブがスタート。

 クラシックギターを片手に優しくも力強い歌声を響かせる青葉市子の背面には、大きな窓とライトアップされた日本庭園。これでもかという最高の雰囲気に会場全体に心地よい緊張感が流れる。

 青葉市子から溢れ出る、繊細ながらも芯の強い言葉の一つ一つは、どれも物語性に満ちいて彼女が見ている特別な世界を意識せざるを得ない。その特別な世界は青葉市子を通じて、また、メロディとなってその場にいる全ての者にも働きかけてくる。そんな感覚をライブ中絶えることなく感じることができた。

 アンコールも終わりに差し掛かった頃に駆けつけたのは、翌日ライブで共演するという ゑでぃまぁこん のメンバー。ゑでぃまぁこんの「もっと聴きたい!」というリクエストもあり、二度目のアンコールというサプライズ。急きょ演奏されたのは、青葉市子曰く"ボツ壺"に入っていたという曲「妖精のてまねき」。これには来場者の多くも驚き、また嬉しいプレゼントに喜んだ。

 二日後の4月30日、香川公演の会場はとなったのは瀬戸内海に面する港町高松で人気のカフェ umie。海沿いの古い倉庫街の一角に位置し、窓から見える瀬戸内海、開放的な高い天井にユーズドの家具が印象的な空間である。青葉市子自身も何度か訪れたことのある会場とあってか、どこかリラックスした雰囲気の中ライブはスタート。

 一曲目の「心のセカイ」を皮切りに曲数を重ねるごとに会場は青葉市子ワールドへ。「IMPERIAL SMOKE TOWN」では切なく危うい世界を、師匠である山田庵巳のカバー曲「機械仕掛乃宇宙」ではどこか猟奇的な世界を私たちに見せてくれる。夜の瀬戸内海へ溶け込むような幻想的な歌声が会場をまるごと別の世界へといざなうが、時折聞こえる車が走る音、風の吹く音が、かろうじて外の世界とのつなぎ役となる。

 アンコールは優しくもどこか切ない「はるなつあきふゆ」。人と人の出会い、そのいつまで続くか分からない関係性。きっと誰しもが経験している感覚であるが、私たちと青葉市子との出会いはこれからもずっと唯一無二のものとなるだろう。

 神戸公演、香川公演ともにライブは二部制。一部と二部の合間に来場者は日本酒と会場がこの日の為だけに用意したフードを楽しむ。また、お酒好きの青葉市子もなんと演奏の合間に日本酒を口にする場面も。演奏する者もそれを観る者も同じ日本酒でつながる。会場に日本酒独特の香りが漂う中での青葉市子の歌声。その非日常の時間と空間に来場者はこれ以上ない夢見心地な気分に酔いしれた。

 日本酒と音楽、この組み合わせは今後どんな夢を見させてくれるのか。同イベントに更なる期待が高まる。

◎公演情報
【創業350周年 ヤヱガキ酒造 presents『音うらら』Vol.2】
神戸・ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園
2017年4月28日(金)

高松・umie
2017年4月30日(日)
特設サイト:https://www.otoulala.com/

◎今後の公演情報
【森、道、市場2017】
愛知県蒲郡市ラグーナビーチ(大塚海浜緑地)&遊園地ラグナシア
2017年05月12日(金)-14日(日)
青葉市子etc..

【Fountainsun Japan Tour 2017】
渋谷 7th FLOOR
2017年5月23日(火)

【「 1 」 展 】
横浜・10watts f & g
2017年6月2日(金)

【晴れ豆インターナショナル presents テイラー・デュプリー × 青葉市子 “TIDA tour 2017”】
京都 クラブメトロ
2017年06月09日(金)

【晴れ豆インターナショナル presents テイラー・デュプリー × 青葉市子 “TIDA tour 2017”】
代官山・晴れたら空に豆まいて
2017年06月11日(日)

【初夏の旅 奈良編】
奈良・sonihouse
2017年6月17日(土)・18日(日)
青葉市子、mama!milk

【青葉市子 with phonolite strings】
ビルボードライブ大阪
2017年7月12日(水)
1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30

http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10532&shop=2

最終更新:5/9(火) 15:00
Billboard Japan