ここから本文です

ヤクルト・鵜久森が語る代打の心構え

5/9(火) 11:15配信

ベースボールキング

 一振りでチームの勝敗を分けることも多く、プレッシャーがかなり大きい代打。その難しいポジションで、鵜久森淳志(ヤクルト)は今季2度サヨナラ打を放つなど、勝負強さを発揮する。

6日に放送された『ショウアップナイタースペシャル まいにちとことんプロ野球』に出演した鵜久森は、1打席で結果を残すため試合中、「展開を見ながら、『ここできそうだな』と頭でゲームの流れを考えています。後は事前にミーティングであったり、資料が渡されているので、投手の傾向を見たりしています」と話す。

 入念な準備をしても、代打は1打席勝負。先発の時とは異なり、1打席で結果が求められる。代打で出場する際は、ファーストライクを積極的に振っていくことを心掛けているという。

 その理由について「自分の調子にもよるが、振ってあわせたいのが第一。見てストライク、次ストライク来ました、仮に同じボールが来たとしてもファールになりやすい。そこですぐ、2ストライク0ボールって感じで追い込まれちゃうと苦しくなる。自分で攻めていくというのが前提だと僕は思っています」と説明する。

 また、「4回打席に立てた方が修正もしやすい。ただ役割がありますので、そういうのをしっかり把握して、代打の時ほど気持ちを切り替えている」と話した。

 4月は2度のサヨナラ打を放つなど、代打で存在感をみせる鵜久森。「代打は得点圏の場面が多いですし、打点を稼げる選手を目指した方が、一番チームが勝ちやすいと思います」と話す鵜久森の打撃から目が離せない。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING