ここから本文です

中日・鈴木、6回途中2失点でプロ初勝利 ビシ&ゲレは2戦連続アベック弾

ベースボールキング 5/9(火) 21:06配信

○ 中日 8 - 3 DeNA ●
<7回戦 岐阜>

 中日が8-1で勝利した7日の巨人戦に続き、2戦連続の快勝。ビシエドとゲレーロが2戦連続のアベック弾。今季2度目の先発となった2013年のドラフト1位右腕・鈴木は、6回途中2失点の好投でプロ初勝利を挙げた。

 中日は2回、7番ゲレーロの左前打などで一死二、三塁の好機を作ると、DeNA先発・浜口の暴投の間に先制。なおも一、三塁から2番堂上の右前打で2点目を奪うと、続く3番大島の飛球は二塁手と右翼手の間にポトリ。この打球で一塁走者・堂上の二塁到達が遅れ大島は「右ゴロ」となったが、その間に三塁走者の荒木が3点目のホームを踏んだ。

 さらに二死一塁から、4番ビシエドが右翼席に5号2ランを突き刺し5点目。中日は続く4回にもゲレーロが6号ソロを左中間席へ運び、7回にはビシエド、平田の連続適時打でダメ押しの2点を加えた。

 先発の鈴木は、伸びのある直球を軸に4回まで2安打投球。5回は先頭から連打を許し無死一、二塁とされたが、後続から3者連続三振を奪った。6回は一死二塁から3番ロペスに6号2ランを打たれ失点。その後も連打を許し一、三塁とされたが、二死からリリーフした2番手・岩瀬が、代打・戸柱を1球で左飛に仕留めた。

 鈴木は5回2/3を投げ、8安打9奪三振無四死球で2失点。3回の打席では2ストライクから落ち着いて送りバントを決め、一挙5得点の猛攻を呼び込んだ。

 対するDeNAは先発の浜口が誤算。3回は2四球に自らの暴投も重なり大量失点。4回6失点と先発の役割を果たせず、プロ2敗目(2勝)を喫した。

BASEBALL KING

最終更新:5/10(水) 12:19

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 15:20