ここから本文です

「実家に帰らせていただいた妻」は、実家で何をしているのか?

5/9(火) 7:00配信

SUUMOジャーナル

「実家に帰らせていただきます!」

夫婦喧嘩が極まった際に飛び出す決まり文句として知られているが、実際にこのカードを切ったことがある妻はどの程度いるのか? また、実家での妻は何を思い、どのように過ごしているのだろうか? 知られざる「実家に帰った妻」の傾向について探るべく、20代~40代の女性397名にアンケートを実施した。

■「別居」経験者は3割強

今回は、結婚または同棲経験のある女性を対象に調査を行った。まずは「パートナーとの喧嘩を理由に、一時的に『家出・別居』をした経験はありますか?」と質問。「家出・別居の経験アリ」と回答したのは133名で、全体の3割強に上った。

なお、家出して「身を寄せた場所」の上位は次のような結果に。

■パートナーとの喧嘩を理由に、一時的に「家出・別居」をした経験はありますか?(複数回答)
1位 「一時的に自分が「実家」に帰ったことがある」(16.9%)
2位 「その他「自宅ではない場所」に、一時的に身を寄せたことがある」(8.8%)
3位 「一時的に自分が「友人宅」に身を寄せたことがある」(5.5%)
4位 「自分は現在の家に住み続け、パートナーに一時的に出て行ってもらったことがある」(4.8%)
5位 「一時的に自分が「ホテル」などに身を寄せたことがある」(4.0%)
(上位5位までを掲載)

やはり「実家」を選択する女性が最も多い。まさに「実家に帰らせていただいた妻」だ。
では、そんな彼女たちは家出・別居中にどんなことを考えているのだろうか? 次に、家出・別居期間の「心境」を聞いてみた。TOP3は以下のとおり。

■家出・別居期間の「心境」として、あなたの気持ちに近いものをお選びください(複数回答)
1位 「同棲・結婚生活のストレスから解放され、気持ちがラクになった」(66.2%)
2位 「日を重ねるごとに、パートナーに会いたい気持ちが出てきた」(18.0%)
3位 「親に小言を言われるようになり、余計にストレスが悪化した」(9.8%)

大半は別居という選択が精神の安定につながった模様。しかし一方で、こんな少数意見も。

「夫に対する怒りが増した(面と向かって喧嘩ができないから言いたいことがたまる)」(40代)
「相手への不満が次々と出てきてイライラが止まらなかった」(40代)

むしろ喧嘩がストレスのはけ口になっていたのか……、不満を直接ぶつけられない状況に、かえって怒りを増幅させてしまうケースだ。こうなると、再び顔を合わせたときの反動が恐ろしくもある。

また、「自分の心境をパートナーが理解してくれているかどうか不安・心配だった」(40代)、「むなしさが募る」(30代)、「無気力」(40代)など、別居により不安や虚無感に苛(さいな)まれてしまったという声も挙がった。

■別居期間の過ごし方は?

さて、本題。別居先での妻はどう過ごしているのか? 「別居期間の行動や過ごし方」を聞くと、

■家出・別居期間の「行動」や「過ごし方」として、あなたの当時の状況に近いものをお選びください(複数回答)
1位 「特に何もせず、お互いの気持ちが落ち着くのを待った」(47.4%)
2位 「親や友人に愚痴をこぼしたり、相談に乗ってもらったりして過ごした」(45.1%)
3位 「離婚や離別を視野に入れ、念のため(弁護士費用の調査など)準備をした」(12.8%)
4位 「ここぞとばかり、羽を伸ばして遊んだ」(10.5%)
5位 「つい浮気をしてしまった」(3.0%)
(その他、少数意見)
「夫が仕事で留守の間、掃除・洗濯をしに通った」(40代)
「実家に帰って半年以上、相手から連絡が来るまでそのまま生活した」(30代)
「独りカラオケや公園で泣いたりしてたそがれていた」(20代)
「パートナーに連絡をいれてせっついた」(40代)

大半は関係修復に向けて気持ちを整理したり、修復できなかったときのために準備をしたり、どちらかというと真面目に粛々と日々を過ごしている印象だ。わずかに「浮気をしてしまった」などという告白も見られたが、パートナーの目が届かないからといってハメを外す人は少なかった。「心労や今後への不安で遊ぶどころではなく、できるだけ平穏に、休息に努めたい」といったところだろうか。

ちなみに、別居を経たその後の関係性については、全体の2割強が「(関係を)修復できず、そのまま離婚や離別に至った」と回答している。また、「今はまた一緒に暮らしているが、関係は修復していない」(12.8%)、「修復できず、現在も別居状態が続いている」(3.8%)といった声も多く、別居に至るほどの溝を埋めることはなかなかに難しいことがうかがえる。仮に別居中の不貞などがパートナーに知れれば、なおさら和解など望むべくもない。妻に限らずだが、「別居中の過ごし方」は意外と重要なのかもしれない。

●調査概要
調査期間:2017年4月25日・26日
調査方法:インターネット調査
対象:結婚または同棲の経験がある全国20代~40代の女性
有効回答数:397名

榎並紀行(やじろべえ)