ここから本文です

美術商選んだ秀作130点 金沢で新作展「創と造」

北國新聞社 5/9(火) 1:27配信

 美術商の審美眼で選んだ日本画、洋画、工芸の新作展「創と造2017」(北國新聞社後援)は9日まで、金沢市上近江町の金沢美術倶(く)楽(ら)部(ぶ)で開かれている。一線で活躍する作家の秀作130点が7日に展示された。

 東京、大阪、京都、名古屋、金沢の5都市の美術商でつくる五都美術商連合会が年1回開く新作展で、日本画の千住博さん、洋画の絹谷幸二さんら、美術界を代表する作家が会派を超えて作品を寄せた。工芸では楽吉左衛門さんや県内在住4作家の作品が並んだ。

北國新聞社

最終更新:5/9(火) 1:27

北國新聞社