ここから本文です

川崎、3季ぶりにACL決勝トーナメント進出! 大量4得点でイースタンを下す

5/9(火) 21:21配信

SOCCER KING

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第6節が9日に行われ、川崎フロンターレとイースタンSC(香港)が対戦した。

【動画】U-20日本代表FW久保建英がルーレットで魅せる

 勝てば決勝トーナメント進出となる川崎は、この大一番で負傷していた中村憲剛がスタメンに復帰。前線には5日に行なわれた明治安田生命J1リーグ第10節、アルビレックス新潟戦で得点を挙げた小林悠とハイネルが入った。

 開始10分、川崎にアクシデント発生。小林が足を痛めて、担架で運び出される。その後、一度ピッチに戻りプレーを続けたものの、再び痛みを訴え、長谷川竜也と交代した。

 それでも攻める川崎は28分、左サイドをオーバーラップしてきた車屋紳太郎のクロスに、ハイネルが頭で合わせて先制に成功する。ハイネルは公式戦2試合連続得点となった。さらに前半終了間際の45分、中村のCKに谷口彰悟がヘディングでゴールネットを揺らして追加点。前半は川崎が2点のリードで折り返す。

 後半開始早々の49分、ハイネルのサイド突破からグラウンダーのクロスを長谷川が押し込み、さらにリードを広げる。53分には再び中村のCKからファーサイドの奈良竜樹のヘディングシュートが決まり4点目をマーク。

 57分には阿部に代えて、右足の骨折で離脱中だった家長昭博が投入される。家長は2月25日のJ1開幕戦以来の実戦復帰となった。

 試合はこのまま4-0で終了。勝利した川崎はGSを2勝4分け無敗で、3季ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

【スコア】
川崎フロンターレ 4-0 イースタンSC

【得点者】
1-0 28分 ハイネル(川崎)
2-0 45分 谷口彰悟(川崎)
3-0 49分 長谷川竜也(川崎)
4-0 53分 奈良竜樹(川崎)

SOCCER KING

最終更新:5/10(水) 12:25
SOCCER KING