ここから本文です

コンチネンタルタイヤ・ジャパンの新社長にグレゴリー・メイ氏が就任

オートックワン 5/9(火) 21:34配信

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、2017年5月1日付けでグレゴリー・メイ氏が代表取締役社長に就任したと発表した。

このニュースのフォトギャラリー

メイ氏は、自動車、消費財業界において様々な多国籍企業のプロジェクトに参加、それらの事業を改善、成長に導いた豊富な経験を有している。

2007年にミッチェル・マディソングループにてマネジメントコンサルタントとしてのキャリアをスタート。2008年より英国ヴァンガード・ストラテジー・リミテッドでシニア・アソシエイトとしてコンサルティング業務に従事し、2010年から2013年は英国のロイズ・バンキング・グループで小売り投資ストラテジー&インサイト部マネージャーとして活躍した。

2013年にコンチネンタルAGに入社後は、中欧および東欧エリアにおけるリプレースメントタイヤビジネスの開発責任者として、2017年までの4年間、同エリアの成長に大きく貢献してきた。

代表取締役社長就任にあたりメイ氏は、「2014年に設立されたコンチネンタルタイヤ・ジャパンは、スタートアップのフェーズを終え、これからは安定した利益を生み出し、さらなる成長を目指す段階に移りました。私の知識とこれまでの経験を生かし、コンチネンタルタイヤ・ジャパンの成長と発展に全力を注いでいきます。そして、お客様とともに成長できる企業として邁進すべく、これまで以上に販売店やエンドユーザーの皆様からの期待にお応えし、さらなる信頼を獲得していきたいと考えております。」とコメントした。

最終更新:5/9(火) 21:34

オートックワン