ここから本文です

銀行預金が12月以降に流出も、中小銀は合併急げ-JPモルガン

Bloomberg 5/9(火) 16:24配信

米銀JPモルガン・チェースは同国の中小規模の銀行にこうアドバイスする。預金流出が迫っている、今のうちに合併しておこう。

JPモルガンの投資銀行バンカーらは、連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和(QE)で膨らませたバランスシートを縮小するのに伴い、今年12月以降に資産500億ドル(約5兆6800億円)以下の中小銀行は資金集めが困難になる可能性があると、顧客向けのリポートで説明した。非公開のプレゼンテーション資料をブルームバーグ・ニュースが入手、JPモルガンの広報担当者は内容を確認した。

QEの下で当局に住宅ローン担保証券と米国債を売った投資家が売却代金をリテール銀行や商業銀行の口座に預けた結果、銀行預金が2兆5000億ドル程度増えたとJPモルガンは試算。その60%に相当する1兆5000億ドル程度の預金が今後4、5年に引き揚げられると予想した。このところの当局のガイダンスに従うと、バランスシート縮小は12月に始まるとみられる。

当局は満期を迎えた証券の償還金を再投資せず、バランスシートを縮小させる計画。この影響は大口の商業銀行口座や富裕層向けの高金利貯蓄口座など預金商品に依存する銀行にとって特に問題となる恐れがあり、メガバンクほどの営業力を持たない中小の銀行は預金集めが厳しくなるだろうとJPモルガンは分析。預金規模を大きくするために身売りや同業者の買収が必要になるかもしれないと指摘した。

原題:JPMorgan Tells Banks to Partner Up as U.S. Deposit Drain Looms(抜粋)

第4段落を追加します.

Matthew Monks

最終更新:5/9(火) 20:32

Bloomberg