ここから本文です

海外主要ニュース:メスター総裁、ブラード総裁、仏新政権、コーチ

Bloomberg 5/9(火) 7:04配信

海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎トランプ米大統領、マクロン次期仏大統領と緊密な協力を希望

◎G7財務相は共同声明でG20の為替の文言維持へ-当局者

◎米クリーブランド連銀総裁:米経済は緩やかな利上げを正当化

◎愛する人とのデート、最も費用がかさむのはチューリヒ-東京も高い

◎共和党院内総務:上院のヘルスケア法案策定は単純でなく迅速に進まず

◎アックマン氏、米ハワード・ヒューズに強気な見方を維持-株価上昇

◎オバマ前大統領は「フリン氏のファンではなかった」-米報道官

◎産油国は原油減産の少なくとも6カ月延長目指す-サウジ石油相

◎オバマ氏、フリン氏起用しないようトランプ氏に警告-元当局者

◎米銀、1-3月は商業用不動産向け融資の需要が低下-FRB調査

◎マクロン氏の仏大統領選勝利は「良い知らせ」-ルノーのゴーンCEO

◎北朝鮮高官、元米当局者らと接触へ-共同

◎ゴールドマン:レムカウ、ナックマン両氏を投資銀共同責任者に指名

◎米消費者予想、支出の伸びは13年以降で最低-4月のNY連銀調査

◎元野村の住宅ローン債トレーダーは若手に欺瞞を指南-米検察が主張

◎セントルイス連銀総裁:インフレ予想届かず、年内2%達成はなお楽観

◎ブラード総裁:バランスシート縮小で「かんしゃく」再来ない

◎米ゴールドマン、バークレイズから株式トレーダー起用へ-関係者

◎クリーブランド連銀総裁:FOMCは出遅れないよう強い警戒維持を

◎米マイクロン株が下落、ゴールドマンが判断下げ-DRAM価格を懸念

◎フランス政権交代プロセス始まる、マクロン氏は首相について明言せず

◎クリーブランド連銀総裁:FOMC、為替に関してここ数年活発に議論

◎アップル目標株価を最も楽観的な202ドルに、iPhone8で-DH

◎米労働市場情勢指数:4月は3.5ポイント上昇

◎クウェート:産油国、少なくとも6カ月の減産延長で「ほぼ合意」

◎セントルイス連銀総裁:政策金利の低水準維持を主張

◎米タイソン・フーズ:民事審査請求を3月1日に受領、価格指数に関し

◎フランスのマクロン新政権、予想される顔ぶれ一覧

◎米ストレート・パス:1株184ドルの修正買収案、AT&T合意より有利

◎コーチ、ケイト・スペード買収で合意-2700億円相当

◎ドイツ銀とウニクレディト、AT1債が額面回復-増資で懸念沈静化

◎フィリピンの次期中銀総裁にエスペニーヤ氏-大統領が指名

◎マクロン氏、仏大統領就任宣誓は14日-オランド大統領

Hitomi Nozaki

最終更新:5/9(火) 7:04

Bloomberg