ここから本文です

YOSHIKIが16日に緊急手術 持病の頸椎のダメージ深刻

5/10(水) 9:58配信

東スポWeb

 ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKI(51)が、頸椎の緊急手術を来週に受けることになった。YOSHIKI PR事務局が10日朝に発表した。

 発表によると、YOSHIKIは頸椎の人工椎間板の置換手術を16日にロサンゼルスで受ける。かねて頸椎を痛めており、米国のトミー・トミザワ医師は「現在の病状を診断したところ、今の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況なため、緊急に手術することを決定しました」とコメント。最近は左腕にしびれやまひのような症状もみられたという。

 頭を激しく振り、力任せにドラムを叩くスタイルは、YOSHIKIの首に過酷な負担も与えてきた。頸椎の椎間板ヘルニアは持病と化し、2009年には米国で手術を受けている。

 YOSHIKIは自身のツイッターで「体がパンクしたと思う」と明かした後、「何が起ころうと必ず戻ってくる」と英語でつぶやいた。ファンからは「お願いだから無理しないで」「身体を第一に考えてほしい」と気遣う返信が続々と寄せられている。

 X JAPANは7月11~17日の日本公演(大阪、横浜)や世界ツアーが予定されている。日本公演は見合わせになる可能性も出てきたが、すべては16日の手術と術後の経過次第となりそうだ。

最終更新:5/10(水) 9:58
東スポWeb