ここから本文です

[販売戦略]イケア、オンラインストアを開始、家具下取りサービスも展開

BCN 5/10(水) 12:00配信

[販売戦略]イケア、オンラインストアを開始、家具下取りサービスも展開

ついにIKEAがオンラインにも進出

 イケアの日本法人イケア・ジャパンは4月21日、全店舗で家具を中心にしたオンラインストア「IKEAオンラインストア」を開始した。インターネット上で注文を受け付け、店舗から配送する。

 スウェーデン発祥のイケアグループは、世界最大級のマルチチャネル・ホームファニッシングカンパニーを目指し、日本にも進出。一度撤退したが、イケア・ジャパンを設立して2006年に再進出した。各地に新規店舗をオープンする一方、これまでは、全国どこからでも注文できるオンライン販売は行っていなかった。

 IKEAオンラインストアでは、配送先住所によって出荷するストアが変わり、そのストアに在庫がない場合は「在庫なし」と表示される。配送料金は、各店舗の配送対象エリア内なら一律3990円。店舗(イケアストア・IKEA Touchpoint)での受け取りも可能で、その場合の料金は990円。重さ・個数を問わないため、大量に購入するほど割安となる。今後は、雑貨や小物を対象とした小口配送の料金も検討する予定。

 オンラインストアの開始にあわせ、店舗購入時の配送料も、配送対象エリア内は一律3000円に改定。なお、配送対象エリア外の場合は、地域、商品の重さによって配送料金は異なる。

 また、IKEAオンラインストアでは、イケア製の家具を引き取り、家具の状態に応じた金額をイケアで利用可能なプリペイドカード「リターンカード」で還元する「家具下取り・還元サービス」を開始した。査定は、申請時に添えた写真データをもとにオンラインで行う。引き取った家具は、メンテナンスを施したうえで、イケアのアウトレットで販売する。

最終更新:5/10(水) 12:00

BCN